毛糸でボランティア

以前、手編みのセーターやマフラーを山岳地帯や恵まれないこども達へ編んで送るボランティアをご紹介いたしましたが、今回は乳がん患者の方へ手編みパッドを送る活動をされているmagicringというグループをご紹介します。

元々アメリカのNPO団体knitted knockersが発祥で、SNSを通じて日本でもグループを作られたそうです。乳がん患者の方へ手編みのおっぱいパッドをプレゼントする活動のほか、患者さん自身にも編んでもらい、ニットセラピーとして取り入れて欲しいという考えのもと活動をされていらっしゃいます。

柔らかな肌触りのコットン糸をお探しとの事でスキー毛糸にもお声かけくださり、今回私たちも初めてこの活動を知りました。ニットでこんなお手伝いができるなんて・・・すてきですね!
スキー毛糸では様々な糸を取り扱っておりますがご要望に近いのは赤ちゃんにもやさしい「やわらかコットンベビー」がよいのでは??とこちらの糸をおすすめいたしました。
様々な糸をお試しされているそうで早速やわらかコットンベビーで編んで、ブログでご紹介してくださいましたのでそちらをご紹介します。

魔法の輪~ちあぱい♪~
http://ameblo.jp/magicring/
e0219061_18475432.jpg
スキーやわらかコットンベビー2番(オフホワイト)使用
こちらの画像はかぎ針ですが、棒針で編んだパッドもあります。また、様々な糸でかわいいハートマークが入ったものや弊社の「スキーつややかコットンカラフル」という段染め糸で編んでくださったカラフルなパッドなど沢山紹介されています。

パッドという事で、淡いお色や白がよいのではと勝手に思っておりましたが、模様が入ったりかわいい色で編まれていて、選ぶ楽しさなど患者様の気持ちもきっと和らぐのではないかなあと思います。また、こういった思い込みをしてしまう私たちにも乳がん患者様の気持ちを少しでも理解するよい機会なのではないかなと思います。

編物は趣味の手芸ですが、こういった活動で乳がん患者の方のお手伝いができる貴重な手芸だと思います。スキー毛糸もこういった活動の方々が使えるような商品をご提供できるよう、様々な分野に目を向け、商品開発・情報発信ができたらなあと思っております。




[PR]
by skiyarn | 2017-03-07 19:10 | その他
<< すてきな手編みのすてきな作品【... すてきな手編みのすてきな作品★ >>